宿泊体験 – 素敵な Kabuk House

 実は帰国前の最後の2週間、Kabuk House (カブクハウス)というシェアハウスに宿泊させてもらいました。この記事では、Kabuk Houseとは何か?そして私がこの家で体験した2週間の思い出をみなさんにシェアしたいと思います。

Kabuk Houseの紹介

Kabuk Houseとは? 

 Facebookページーに載せてあった家の紹介を引用します:

 「横浜国立大学徒歩2分の場所のシェアハウスです。国大生に広々とした自由な空間と、グローバルなコミュニケーションに触れて、もっと視野を広げてほしい。歌舞伎の語源となった 「傾(カブ)く」 他人(ヒト)とはちょっと違う自分らしさ。ちょっと傾(カブ)いたスタイルで それぞれの “粋な生活” してみませんか?

 KabuK House YNU has opened as a share residential just 2 mins on foot from Yokohama National University. Global communication and Roomy living space can broaden the outlook of the university students. 歌舞伎(ka-bu-ki) is a classical form of Japanese dance-drama. The word is derived from 傾(ka-bu-ku). Something lean, less straight, uncentered or even off the track. Enjoy your life through KabuK House YNU!

 Kabuk Houseは横国の近くにあるシェアハウスです!

DSC01094

シェアハウスとは?

 「自分のお部屋とは別に、共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことで、共同住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめるあたらしい住まいの形として外国人、日本人を問わず認知されています。シェアハウスは、通常の賃貸アパートに比べ初期費用・毎月の費用を抑えてリーズナブルな価格で住めるところも大きな魅力のひとつです。」(Oakhouse)

https://www.oakhouse.jp/sharehouse/about

 シェアハウスの魅力は「共有」と「交流」です。一人暮らしや寮の生活とは違く、シェアハウスにいれば、同じ家に住んでいる人たちと話せたり、一緒にご飯を作って食べたり、夜は一緒にくつろいでテレビを見たり、まるで家族のように暮らす感じです。もちろん、一人の時間が欲しい場合は個人部屋にいてもいいです。

Kabuk Houseでの宿泊体験

 家の中はどんな感じなのか、気になるのではないかと思います。

 ここで皆さんにKabuk Houseの家を詳しく紹介しながら私が2週間住んでみて思ったことも書きます。

Kabuk Houseのインテリア

 2017年の秋に完成した新築でとてもきれいです。家具付きでラベルを見たらほぼ全部IKEA品でした。家を入るとすぐ左側にリビングルームがあります。大きいテレビがあって、サッカー試合や映画などをたくさん見ました。壁の棚に小さいスピーカーが置いてあって、スマホやパソコンをつながり、JazzやK-Popなどをつけて、音楽を楽しみながら、料理をしていました。

P_20180924_101901_vHDR_Auto_HP

 少し下ると、大きい台所があります。私の一番好きな所です。キッチンとして使えるし、ワーキングスペースとしても使えます。実際に住んでいた時、ここに住んでいる横国の学生さんとご飯を食べたり、仕事をしたりしました。時には、おしゃべりなどもして、寝るまではずっとリビングルームかこちらのキッチンにいました。

 一階に小さな部屋があって、ドアを開けると実はランドリールームです。洗濯機や乾燥機はもちろん、日常生活に必要なものはすべてそろってあります。

 2階は個人部屋です。部屋が3つあり、それぞれ、ベットが2台あります。要する一つの部屋に2人が住めます。実は2階は女性部屋で、男性部屋は3階にあります。今回は女性が住んでいなかったため特別で2階に泊まらせてもらいました。

 バスルームは二つもあって、通常のバスルームとシャワー室です。

 男性が住む3階は家の外の階段から上がります。そして、3階から屋上(テラス)に上ることができます。夜になると、自動的に電気がついて、ロマンティックな雰囲気がして、友達とビールを飲みながら夜の星空を眺めるのはとてもいいと思います。以前はバーベキューパーティーもやって横国の学生さんがたくさん来てくれました。

両親もここに泊まった

 私の卒業式に参加するために、親は約一週間ぐらい日本に来て、その間、ここに泊まりました。父はFacebook中毒で初日から家の写真をたくさん撮って、自分のFacebookに投稿し、友達に自慢しました。キッチンもあるため、母はよくご飯を作っていました。久々のおふくろの味、本当においしかったです。

P_20180912_125954_vHDR_Auto.jpg

Kabuk Houseで最後のお別れ会

 私が帰国する前に最後にお別れ会をしようと思って、韓国人の友人たちをKabuk Houseに招待し、すき焼きを食べました。家に住んでいる横国のTPくんも参加してくれました。食事の準備から一緒にしたり、たまにはさぼってテレビを見たり、食事の時はテーブルに座っておいしいものを食べながらお話したりして、本当に楽しかったです。

Kabuk Houseは交流の場である

 Kabukではバーベキューパーティーや鍋会、おしゃべり会など、色々なイベントなどもしています。横国の日本人学生も、外国人学生も、地域に住んでいる人たちもみんなを歓迎しています。

Kabuk Houseで Kabuk Style

 私が初めてKabuk Houseに訪問したのは去年の11月ごろでした。家が完成したばかりで、その日はバーベキューパーティーがありました。シェアハウスの名前を聞いたとき、「Kabukってなんだろ、どこからきたんだろ、どんな意味を持っているんだろう」と考えていました。

 オーナーのKJさんがその場にいて説明してくれました。内容は下の写真に詳しく書いてあります。

29512743_2033955583311816_6517207018557926918_n

 Kabukは「傾く」という言葉からきて、「物が全体として、平らな有様から右か左か(前か後ろか)一方に、斜めになる」という意味を持っています。

 いつもまっすぐに立って周りの期待に応じるより、時には気軽に考えて、気楽に楽しんで、のんびりして、他人の言葉を気にせず生きる、それがKabuk Styleです。

 一人暮らしや寮の生活に飽きたり、ちょっと変わった暮らしをしてみたい方、特に横国の学生さん、Kabuk Houseに興味ありませんか?

 Kabuk Houseの入居やイベント参加については Facebook, Instagram、もしくは私に連絡してください!

Facebook: @KabuKHouseYnu
https://www.facebook.com/KabuKHouseYNU/

Instagram: @kabuk_ynu
https://www.instagram.com/kabuk_ynu/?hl=ja

 

 

 

Posted by

Hi! Feel free to check out my blog about daily life, lifestyle, minimalism and so on! (In Vietnamese and Japanese)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s